スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

しあわせの重み

しあわせの重み

私、思いますに
子猫は首のあたりに顔をうずめて寝るのが落ち着くのではないかと。
子猫たちはよく顔を寄せ合って寝ていますよね。
仲良し猫同士も顔をくっつけて寝ています。
あれはきっとお互いの首の下に入りたいんじゃないかと思うんです。

Miumiuが我が家にやって来たのは生後2か月足らず、
片手に収まるくらい小さな体で私の顔の上によく寝ていました。

ダンゴはうちに来た時、生後8か月(推定)とちょっと大きかったのですが
私の首に顔をよせて寝ていました。

寝ている時、あごの下にあたるプニプニとした柔らかい耳の感触が
なんとも言えないしあわせな気持ちにしてくれます。
これは母ネコ役の特権です。
自分も猫になったような気分です。

忘れられない・・・あの感触。

大きくなるにつれ
私のことを「これは猫じゃない」と気づくのか
顔周辺で寝るのをやめてしまいます。

・・・・・たいていの場合は。

IMG_0591_R.jpg


ダンゴちゃん、現在4歳の男の子ですが
今も私の顔周辺で寝るのが好きです。
でもやっぱり、ちょっと恥ずかしいのか
顔を寄せるのではなく背中をつけてきます。

「背中をつける」とはどういう事かというと
要は、背中からドーンと身をあずけてくるのです。

私が気持よく寝ていると突然
首の上に”ドーン!”と。

死ぬかと思ったことがあります…。(夫は大げさだと言いますが)

命が助かっても(大げさ)、首を寝違えたり。


ダンゴの現在の体重約7kg。

IMG_0611_R.jpg



しあわせの重みに押しつぶされそうです・・・。






スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

ダンゴくんの幸せの重みは7kgですか。首の上にドーンときたら、そりゃ苦しいですね。
でも、寄り添いにくるのは嬉しいですし、母ネコの役割も命がけですね。

背中からくるときって妙にうれしいですよね。「恥ずかしいけどどうしても私にくっつきたいのね」って感じでv-10
クロニャンさんが小さい時は私の髪の毛の上(当時は長かった)で寝ていました。
ネコちゃんは顔の周りで寝たいのかな?

皆、とっても幸せそうですね。
7キロは困りますね。
重たい鉄アレイ並ですね。

朝寝坊した時には、ベッドの上にネコミサイルが飛んで来て
ビックリする事が多々あります。
お互い、気を付けましょう。

お返事です

●クロpapa さん
そうなんです、寄り添いに来てくれるのは本当に嬉しいんです。
贅沢な悩みですね。

●aki さん
髪の毛の上で寝る事あります。
クロエはよく髪の毛をなめてくれて、時々長すぎてもてあましている様子です。

●ちょこの父さん
はじめまして。
ネコミサイルも強力ですね。迎撃するわけにもいきませんし・・・。
ほんとにお互い気をつけましょう(^^)
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。