スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
クロエとの出会い  ←クロエとの出会い 【--年--月】の更新記事一覧 →宇宙人  宇宙人
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

クロエとの出会い(手術編)

クロエとの出会い(手術編)

クロエとの出会いのつづきを書きます。ちょっと長くなります。


大学病院のICUに入院して一週間
血尿が止まり、体力ももどってきたようなので
骨折箇所の手術をすることになりました。
子猫は麻酔の管理が難しいそうで、長時間はできないので
できる範囲でするとのことでした。

骨折箇所は2ヶ所、脊椎と左前肢の上腕です。
時間短縮のため背骨にかんしてはMRIで状態を見て
脊髄が生きていそうだったら背中を開ける、という話でした。


数時間後、手術後の説明を受けるため病院へ。
「脊髄が生きていて、下半身が動いてくれるといいなー」
と思いながら、ひとり病院へ向かいました。


結果は…
左前肢のほうは、ポッキリ2つに折れていた上腕が
まっすぐきれいになっていました。(ほんとにきれいでした)
背中は、MRIでは脊髄が大丈夫そうだったので開いてみたけれど
あけて実際に見てみたら想像以上にダメージがあり
一応、脊髄を圧迫していた骨の一部を削ったけれど
下半身の神経の回復はほとんど望めないだろう
と言われてしまいました。
自分で排泄のコントロールができず
便の方は骨盤が無事なので自力でするが
尿は一日に何度かしぼってやらないといけない、と。


病院に運び込んで、最初に撮ったレントゲンを見た時点で
言われていた事だったので心の準備はできていましたが
手術をするまでは
なんとかもとどおり元気に!と奇跡を信じていました。
ショックというより、「これからどうなるのかな」と不安になりました。

そこに追い討ちをかけるように主治医が
「ご自分の生活もありますし
一日に何度もというのはなかなか大変ですから
安楽死という選択肢も・・・」
この外科の主治医H先生は、いつも最悪のケースを想定して話をされるので
重たーい気分になることが多いのですが
この時が最強でした。(いい先生なんですけどね)

もちろん安楽死なんてとんでもない!
せっかく助かった、生きようとしている命ですから。



最初の宣言どおり長くなりましたが
そんなヘビーな「クロエ手術」の一日でした。



・・・・・
翌日の面会では、この現実が嘘のように
またまた平和なクロエちゃんがいて
私もなんとか頑張ろう!と弱々しく思ったのでした。



スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
クロエとの出会い  ←クロエとの出会い 【2007年09月】の更新記事一覧 →宇宙人  宇宙人
 

~ Comment ~

待ってました

クロエちゃんヒストリー、待ってました!
今更ながら、本当にすごい状態だったんですね。。
普通の病院だと子猫に麻酔かけての手術はできないから、
大学病院へ迷わず連れて行ったご夫妻はやっぱりグッジョブです。
その判断がなかったら今の回復は難しかったでしょうね。

あんずは骨折とかはなかったんですが、やっぱり脊髄と一緒に内臓に傷がついたみたいで腹水がたまったり白血球値が異常だったりで大学病院行きました。
結果どちらも一時的なもので大事にはならなかったのですが。
クロエちゃんの生命力とご夫妻の行動力あっての今なんですね。
いや、みんなよくがんばりました!
今回の手術編以降の更新がまた楽しみです(・∀・)ドキドキ

揚羽さん

まいどコメントありがとうございます。

クロエを大学病院にストレートで連れて行ったのは、今までの経験からなんです。
(後日この経験を書きたいと思っております)

それにしてもノミだらけで、ウ〇チやらオシッコやら泥やらで汚れて
おまけに葉っぱまでついていたキチャナイ子猫に
病院ではほんとに良くしていただきました。

きっと皆のパワーをもらって、クロエは元気になったのだと思います。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。