スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

一週間

一週間

今日であの地震から一週間

IMG_9297_r.jpg


地震の時私は家に居ました。
近所のスーパーから帰ってきて
「お茶でも飲もうかな~」と思っていた時でした。

小さく揺れ始めたのを感じたので
付けたばかりのガスの火を止め
念のためクロエを抱っこして
家の中で一番安全な廊下へ移動してしばらく
揺れがだんだん大きくなりました。

必死で逃げようとするクロエを抱えたまま
その場にしゃがみ、あとは「みんな、こっちおいで!」と叫びながら
猫全員の無事と、早く止まってと祈る事しかできませんでした。

ウォーターベッドが波打って
上に寝ていたMiumiuが、ボートに乗っているみたいに揺れていた事
ミレニとラーラが目の前で交差して逃げ回っていた光景
多分一生忘れないでしょう。

震度5強、かなり揺れましたが
ワイングラスが一脚割れただけで家具も倒れず
神様なのか、ご先祖様なのか、歴代の猫たちなのか
守ってくれたものに感謝しました。


クロエの小屋をリビングから廊下へ移動し
その中へクロエを入れると
その後半日は黙って固まっていました。
深夜1時過ぎ、やっと出てきてゴハンを食べました。

Miu・ミレニ・ダンゴは地震後すぐに
ゴハンを食べて、トイレに入って、家中をパトロールしていました。

一番臆病なラーラは、ベッドの裏から2日半出てきませんでした。
翌日の午後、トイレに行ったのを目撃しましたが
またすぐ裏に入り、飲まず食わずで
日曜の夜遅くにビクビクしながら出てきてゴハンを食べました。
コロコロ丸かった体型がほっそりしていました。

私は、クロエに右手人差し指の付け根を噛まれていました。


器も気も小さい私が一人で5匹の命を守ることはすごい恐怖で
噛まれて腫れた手を早く治したいのもありましたが
その後2日はほとんど寝て過ごしました。

残酷で悲惨な現実と、地震速報のチャイムを聞きたくなくて
テレビを付けるのも嫌でした。

余震を警戒しながら、腫れて握れない手で
痛みに耐えながらクロエのオシッコ絞りをして
あとは食べて
5匹の猫たちとただ生きていました。


夫は会社で地震に遭い、そのまま会社で一泊して
翌日の夜帰宅しました。
前日、日帰りで宮城に行っていたんです。


家族も家も無事だった自分が
これ程の恐怖を感じたのですから
目の前で家族・友人・知人・家を失った人たちが
どんな気持ちでいるのか・・・
何も言えません。

ただ原発が良い方向へ向かう事を祈るばかりです。


今日は思い切り弱音を吐きましたが
これからは自分にできる事をして
出来る事の範囲を伸ばしていこうと思います。


私の地震体験談
記録の為に書き残します。


スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

恐ろしかったと思います。家の中で人間は一人、庇護しなければいけない子たちが5ニャン・・・hoppetanさんがその後参ってしまったのも、痛いほどわかります。今は少しは落ち着かれたでしょうか?
そういう時はあまり「元気ださないと!」って無理に自分に負担をかけず、ニャンコの温かさを肌で感じてなるべくリラックスすることだけ考えてくださいね。

ご主人、前日宮城出張だったとのこと。ぞっとします。ご無事で本当に良かった(T^T)!!!

たいへんでしたね。
ガスをとめて、クロエちゃんを抱っこして、安全な廊下へと
慎重な行動が出来ているから、hoppetanさんは素晴らしいです。
ずっと緊張していたのでしょうから、とてもお疲れと思いますよ。

今は、すこしづつ心をほぐしていってくださいね。
手の腫れは大丈夫ですか?クロエちゃんを、許してね。
ダンゴくんの寝顔に癒されます~。

私なら...........パニックになってたかもしれません..........
hoppetanさんも、みんなも怖かったでしょうね.........
ラーラちゃんも怖かったんやろな.......(T^T)

ニュースを見るたびに、胸が痛くなり、でも、日本人の温かさにも触れ.......
あまりにも色んなことが起こりすぎて、まだ一週間しか経ってないのか.........と逆に驚きました。

東京もまだまだ不自由な日が続きますが、体調崩されませんように。
5ニャンちゃんも。

hoppetanさん独りで怖い思いをされましたね(涙)
確かに廊下だと物がないので安全かも知れませんね?
ラーラちゃんがそんなに長くご飯も食べずですか?
余程怖かったのね~

私が阪神大震災を経験したとき、先住猫のミー子一匹でしたが
今だと一人でどうすれば良いか・・・・
あの時、ミー子は外に出て行って3日ぶりに帰宅しました
もう、帰って来ないのではと思いました・・・

早く復興できるように、余震はもういいです!
私の時余震のため、眩暈のような揺れが半年続きました
気のせいだったのですが、その時は真剣でした・・・・

どうか、早くお元気になりますように~~~

●nico.さん
ありがとうございます。

猫たちはきっと、勝手に安全な場所に潜り込むと思うんですけど
「そこがもし本当は安全じゃなかったら・・・?」とか
ドコモのCMの心配性なお兄さん状態で
必要以上に心配しているんだと、分かってはいるんですけど
やめられませんね。

夜、ホカぺの上で寝ていると5ニャン全員が周りで寝ていて
私が猫を守っているのか、猫が私を守っているのか・・・
同等な立場なんだな~と思います。
体中が痛くなるので、早くベッドで寝たいんですけど(^^;
クロエが小屋に入ってくれない事には・・・(-_-)

夫が行っていたのは内陸の方でしたが
1日違っていたら暫らく東京に帰れませんでした。


●クロpapaさん
今回の地震は、だんだん揺れが大きくなったので
クロエを抱いて廊下に移動したときには
まさかこんなに大きな地震になるなんて思っても見ませんでした。
「うそ、うそ」って信じられない気持でした。

手の腫れはやっと引きました。
心臓より高くしてないと、じんじん痛かったのが
やっと今日下に下ろせるようになりました。
人差し指の関節全部が腫れていたので何をするにも不便で・・・
「ウォー!」「ノォー!」とか言いながらオシッコ絞ってました(^^;


●とろろ姉さんさん
ありがとうございます。

私もパニックでした。クロエに噛まれた事に気づきませんでしたから・・・
だんだん揺れが大きくなったから、まだよかったんだと思います。

地震の時も、その後も、今も、まだこれが現実だと信じられません。
自分が生きている時代に自分の国がこんなことになるなんて・・・
世界に祈ってもらう立場になるなんて・・・

エコの為にはしなかった節電を、今はせっせとしています^^

●クニさん
廊下は何も落ちる心配がないので
「地震の時は廊下へ!」と夫に言われていたんです。
ラーラは最初にうちに来た時もベッドの裏から
暫らく出てきませんでしたから、やっぱりなと思いましたけど
2日飲まず食わずは、さすがにちょっと心配になりました。
太めだったのが幸いしたかもしれません^^

ミー子ちゃん、無事に戻って良かったですよね。
クニさんがおっしゃるように、今もずっと少し揺れている感じがします。
ほんとに眩暈みたいですね。わかります。
まだ10日ですけど、余震、早く終わって欲しいです!

弱気な事ばかり書いてしまいましたが
手の腫れも引いたので、もう大分元気です。
ありがとうございます。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。