スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
似てるもの  ←似てるもの 【--年--月】の更新記事一覧 →病院DAY -2-  病院DAY -2-
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

病院DAY -1-

病院DAY -1-

昨日はクロエの退院後3ヶ月の検診で大学病院にいって来ました。

手術した背骨は、変にまがる事もなく
ねらい通り2つがひとつにくっついていました。

「これでもう心配ないでしょう。」と、やっとお墨付きがでました。

IMG_0656_R.jpg
<3ヶ月前のクロエ>












レントゲンで見る骨は、最初に連れて行ったときと比べると
随分としっかりして大きくなりました。
4ヶ月前は蛙か鳥の骨のように細く、輪郭もぼやけて頼りなく
内臓もモヤモヤとしていました。

その頼りなさを見ると、
余計に「なんでこんな目にあうんだ」という気持ちが強くなりました。
今は『しっかり生きてる』という感じです。

1ヶ月前に脱げるかな、と思っていた”お洋服"もやっと
「もういいでしょう」と言われたのですが・・・

外科担当の主治医H先生はとっても慎重派で
この慎重さが、夫が気に入っている点です。
夫は、猫のこと、安全のこととなると異常といって良いほど神経質になります。

H先生が
「もう骨も心配ないので、診察もとりあえず終了ということで大丈夫だと思います」
と言うと

夫が(今の話聞いてなかったのか?)というように
「今後は、3ヵ月後・半年後と定期的に診て頂けますか」。

この押しの強さにグイグイ押されて、H先生は
「そうですね、3ヵ月後くらいに」
となります。

夫「もう心配で、心配で。」
H先生「そうですね。お洋服も最初は見ているときだけ
脱がせる形にしてください。」

・・・・・。
クロエごめん。もうちょっと脱げないよ。

結局、年内にもう一度診てもらう事になりました。
ま、私もそのほうが安心で助かるのですが、
おかしな人たちです。

この後レーザー治療にハシゴしたのですが
長くなったので後日にしようと思います。


スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
似てるもの  ←似てるもの 【2007年10月】の更新記事一覧 →病院DAY -2-  病院DAY -2-
 

~ Comment ~

hoppetanさま、猫神さま、そしてクロエちゃん、病院お疲れ様でした!
腕はすでにバッチリで、今回は背骨ということだったようですね?
今後は子供の成長の力でいろんな箇所が回復して行くと良いですね☆

それにしても猫神さまことご主人さまは、娘を心配する父親そのもので、独り笑ってしまいました。先生との会話、それに心の中で突っ込みを入れるhoppetanさまが面白すぎます~(*^_^*)

akiさん

昔、「お父さんは心配性」(作者は覚えてませんが)という漫画があったんですが
夫を見ているとその漫画を思い出します(^.^)
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。